<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

文化祭2013はここが凄い!第4回 副委員長・新保さんのオススメ
おはようございます。実行委員広報です。







10月を迎え、秋到来となりました。秋は文化祭の秋!



そしていよいよ本日はオープニングパーティー。文化祭スタートです!





開催目前となりました!今年は副委員長を二人体制で行っています。そこでもうひとりの副委員長の新保(しんぼ)真澄さんにオススメを紹介していただきました。今回は副委員長、文化祭実行委員による準備期間中の様子なども含めてお聞きしてまいりました。















新保 : 新保真澄です。実行副委員長を務めさせていただいております。 PHaT PHOTO写真教室(以下、PPS)では12Aミディアム、杉原先生クラスに在籍しています。







――間々田さんにもお聞きしましたが、今回の実行副委員長、ご指名が来たそうですね!







新保 : はい、もともと広報班で申し込みをしていました。 その後、事務局さんより連絡があり 副委員長をやってもらえないかと打診が来て現在に至ります。おなか痛いです(笑)  







――大役ですものね、おなか痛くなりすぎないようにご自愛くださいね(笑) さて、今年で文化祭も3回目とのことですが。







新保 : 私は今年で2回目の文化祭経験となります。昨年度のことしかわかりませんが、昨年とは違うことがたくさんできなたいいなぁと思っていました。フットサルのようにスポーツを盛り込むイベントはかなりの冒険でトライアルだと思っています。







―ースポーツを盛り込むというのは、斬新な企画ですね。



年々、回を追うごとに、生徒たちのみで企画準備が進行していると伺っています。



昨年の文化祭を経験されていらっしゃるという点で、この企画準備期間はどのようなものでしたか?








新保 : 今年は5月から準備を初めていたと記憶してますが、ちょうどよかったように思います。みなさんお仕事などしながらですので、進めていくに当たりどうしてもぱぱっとは行かない…。早めでよかったと。最後はややバタバタなところもありましたが。しかし長かった…とも思います(笑)















――約5ヶ月に渡る準備期間を経ての開催。ご苦労も多かった事と思います。会期中は我々も思いっきり楽しみましょう。



今年は文化祭のキャッチコピーが「とる・みる・あそぶ」ですが、どのような経緯で決まったものでしょうか?
 







新保 : 昨年もキャッチコピーがありましたが、今年はもっと前面に押し出したいという気持ちがありました。そしてスローガンとして掲げ、みんなでガンバローと(笑) 目標があったほうがいいですからね。



このキャッチコピーは各実行委員から募集をかけ、根本るりかさん案で決定いたしました。 短く、リズムよく、覚えてもらいやすいキャッチコピーになったと思います。さらには、これを使ってアイキャッチとなるDMやポスターを作成し、こちらは同じく佐藤功さんに作成いただきました。







――既に多くの方がこのキャッチコピーとDMを目にされていらっしゃる事と思います。



文化祭が盛り上がる上で非常に重要なメッセージですね。



ここで、新保さんのイチオシ企画を教えていただけますでしょうか?








新保 : WSと同様にメイン企画でもある、「写真展」です。











詳細はこちら







新保 : 教室の生徒総勢140名で行う写真展は見ごたえがありますし、フォトブックも閲覧できます。オーディエンス賞の設置をはじめ、各出展者へメッセージを送れる「コメントカード」も昨年同様ありますので、この機会に写真を通じていろんな楽しみ方をしていただけらと思います!







――展示の申し込みも3時間で満席となったとの事ですので、たくさんの方の写真に出会えるのが楽しみですね。



それでは、最後に文化祭参加者にメッセージをお願いします。








新保 : 私と同様昨年を経験している人も、今年初めての人にも このお祭りを楽しんでもらえたらいいなぁと。それに尽きます。 大人になってからだとこういう機会ってなかなかめぐり合えないですから。 自分から飛び込んでいかないと楽しめないこと多いと思いますので 文化祭というお祭りにぜひ飛び込んできてください!











--







ありがとうございました!写真教室の文化祭、展示も大いに盛り上がることでしょう。



それではみなさま、今夜のオープニングパーティーでお待ちしております!どうぞお楽しみに!







【Facebook】http://www.facebook.com/ppschool.bunkasai



【公式website】http://www.ppschool.jp/bunkasai/index.html



【ブログ】http://pps-bunkasai.jugem.jp/



【Twitter】https://twitter.com/PPSbunkasai2013
文化祭2013はここが凄い!第3回 事務局長・鈴木さんのオススメ
こんばんは。実行委員広報です。

夜がすっかり涼しく、むしろ肌寒いくらいになった9月の終わり。もうすっかり秋ですね。
いよいよ「秋の文化祭」の名のとおりの季節の到来です。準備や宣伝の追い込みで実行委員もてんやわんやでございますが、広報班も盛り上げを頑張りたいと思います。

今年のWSのイチオシ紹介、第3回は事務局・鈴木重美さんです。
「よく顔は見るけど」ビギナークラスには謎の多いお方で、インタビュアーもドキドキ…。



(当インタビューは8月下旬に実施しました)


――「秋の文化祭」という行事はどんなきっかけでスタートしたのでしょうか。


鈴木 : 神島先生がずっと温めていたのが、2011年に「ちょっとやりたいね」という話になりまして。そのときにはあまり時間もなかったんですけど、1ヵ月くらいの突貫工事で企画を実現したところがスタートです。

――今回で3回目になりました。


鈴木 : 盛り上がりは比べものにならないくらい盛り上がってますね。年々盛り上がってきているというか、これからどうなっちゃうんだろうというくらいに。

――今回は展示もWSも、ものすごい勢いで申込がありました。当日の盛り上がりも楽しみです。文化祭の正副委員長は鈴木さんの推薦で決まったと伺っていますが。

鈴木 : それだけは僕の特権というか。他には何も決めていないんですけど、そこだけは事務局長としての権限で決めさせていただきました(笑)
特に深い理由はないんですけど、会ったときのフィーリングだったり、その人のキャラクターが文化祭をうまくまとめていってくれるんじゃないかと思いました。
でもそれは当たっていると思います!

――実際にスタートして数か月が経ちましたが、事務局からはどんな風に見えていますか。

鈴木 : 文化祭ってもともとその名のとおり生徒たちがやるものだと認識しておりまして。とはいえ初回や2回目の途中くらいまでは僕らもやり方がわからなかったくらいでしたが、今年はほぼ99%くらいのことを生徒たちでやっていただいているので、文化祭本来のカタチになったという点では今年が初めてなのではないかと思います。



――私もがんばります(笑)
ここでひとつ、鈴木さんのイチオシ企画の宣伝をお願いできますでしょうか。


鈴木 : 文化祭の準備は先ほど言ったように生徒さんたちが頑張ってくださっているので事務局から何も言うことはないのですが、文化祭のポスターを作りたいと思って、そのためのWSを文化祭が始まる前に実施します。モデルを撮影してポスターを作って、京橋以外の教室にも貼って文化祭を盛り上げたいという企画です。



【実践】仕事の流れをつかむ!文化祭のポスター撮影発注します!
詳細はこちらから


――モデルさんを撮影するところから参加者が行うWSということなのでしょうか。


鈴木 : はい。で、参加者たちが作ったポスターをうちの講師に見てもらって表彰とかもしたいと考えてます。

――これもまた文化祭が盛り上がりそうな素晴らしい企画ですね!
少し話は変わりますが、PHaT PHOTO写真教室(以下、PPS)も横浜校が開校したり、ここ京橋校もクラス数が年々増えたりと賑やかになってきております。


鈴木 : 僕らは決して規模を求めているわけではなくて、横浜校も僕が横浜出身であったので、ここは正直僕がやりたいという気持ちが強かったです。
大阪校も名古屋校もですけど、会社がどうというよりそこでやりたいと思ってくださる方がいるのが一番だと思っていて、例えば京都や宮崎さらに札幌でもやりたいという声をいただいているところです。ただ実際やるとなると講師を用意する必要がありますので、そこは調整や準備をしつつ、今年は横浜校を作ったので来年なり再来年をどうするかも考えていきたいです。

――全国にPHaT PHOTOファンクラブもありますし、今後の動向も注目ですね!
それでは最後に文化祭参加者の方にメッセージをお願いします。

(ここで、実行委員長の田中さんがインタビュー現場に登場)


鈴木 : おお、田中委員長、お待ちしてました。実行委員長の田中さんはマジシャンのテクニックなども磨いて文化祭で披露していただければと思いますので、よろしくお願いします!ありがとうございました。



--

ありがとうございました!最後は何とも不思議な終わり方になってしまいましたが…事務局長の文化祭、そしてPPSにかける熱い想いが伝わってきました。
まもなく文化祭も開幕です。お楽しみに!


【Facebook】http://www.facebook.com/ppschool.bunkasai
【公式website】
http://www.ppschool.jp/bunkasai/index.html
【ブログ】
http://pps-bunkasai.jugem.jp/
【Twitter】
https://twitter.com/PPSbunkasai2013

文化祭2013はここが凄い!第2回 事務局・長橋さんのオススメ
こんにちは。実行委員広報です。

みなさま三連休は充実したお休みを過ごせましたでしょうか?文化祭も"coming soon"としていたWSの詳細を連休中に公開し、すべてのWSの募集を開始させていただきました!
すでにWSの申込をされた方も、ぜひもう一度追加WSについてご覧いただければと思います。
秋の文化祭2013 WSはこちら

そんな今年のWSのイチオシ紹介、第2回は事務局・長橋珠美さんにお願いしました。
普段からたくさんのPHaT PHOTO写真教室のイベントを取りまとめている長橋さんですが、なかなか聞くことのできない生の声を聞いて参りました!



(インタビューは8月下旬に行いました)

--

――今回で3回目の文化祭、どんな風になりそうでしょうか。

長橋 : 広報のようなチームができたり、WS・イベントも新しいものがはじまったりとか、みなさんどんどん新しいアイデアを出してくださるので、わたしもついていくのが精いっぱいという感じです。

――事務局の方はいつも精いっぱいといいますか、忙しく動き回っているイメージがあります。実際忙しいですか?

長橋 : 忙しくなく…はないです(笑) 毎週イベントをやっていて、土日でイベントがない日はほぼないですね。朝活もあったり、関西で御苗場もあったり…。大阪校・名古屋校でも撮影会があったりすると、私が担当なので行ったりします。

――地方全部ですね(笑) 今までで一番印象に残っている撮影会は何でしょうか。

長橋 : 印象に残ってるのは、高野山での撮影会でしょうか。撮影会というよりはロケハンが印象に残っているんですが、お坊さんがお寺の中を案内してくださったんですが2時間くらいあれこれ案内してくれて、お坊さんヒマなのかなって(笑) 面白かったんですけど、とにかく寒くって。



――寒い中お疲れ様でした。撮影会とか、それ以外でもご自分で写真撮影をされるんですか?

長橋 : 実はPPSのハイパークラスに所属しておりまして(笑) この間久しぶりに授業にも出て、宿題を提出したり…。写真は上手ではないので、講評を聞いたりする勉強が主目的になってきてます。

――生徒たちと身近に過ごすことで、運営のアイデアも得られそうですね!
それでは本題なのですが、今回の文化祭で長橋さんのイチオシ企画について紹介していただけますか?


長橋 : 私が事務局としてやり取りしているからっていうのもあるんですけど、額装の講座と小澤太一さんに来ていただくWSの2つ。

gakusou.JPG
10/15(火)19:30〜21:00
「魅せる」作品に仕上げよう!ギャラリストに学ぶ額装講座
詳細はこちらから


kozawa.jpg
10/17(木)19:30〜21:30
お悩み全部解決!ウルトラマン・コザワの3分ポートフォリオレビュー
詳細はこちらから


長橋 : 小澤さんのWSは撮影会にするかトークにするか検討中の段階なんですけど、第一線で活躍されている方をお呼びするイベントができればいいかなと思ってます。
(注:小澤さんのWSでは、みなさんの作品レビューを交えたお悩み相談室を開催いたします!)
額装の講座についてですが、たぶんみなさんが聞きたいことって割と基礎的なことだと思うんですよ。例えば、クラス展をするんだけど額装をどう準備すればいいかとか、マットの幅はどのくらいがいいのか、とか。ラボで働いてる方なので信頼できますし、WSを出会いの場としていただいて今後仕事をお願いしてもらってもいいと思いますし。文化祭の場だけで終わらない繋がりができたらいいなと思っています。

――PPSの生徒になってから出展にトライする方が多いと思いますので、関心の高そうな講座ですね。
それでは、最後に参加者の方にメッセージをお願いします。


長橋 : とにかく今年も実行委員の方がめちゃめちゃがんばって作ってくれてるので、それはもう楽しみにしていただければと思います!



--

長橋さん、どうもありがとうございました!

文化祭のWSは、PPSでの普段の授業や活動に関係した内容を多く揃えています。これまでの写真の楽しみ方をより一歩深く・広くしてくれること間違いなしです!
多くのWSでは懇親会も開催されますので、1人から気軽に参加してもらってたくさんの写真仲間を作ってください!

【Facebook】http://www.facebook.com/ppschool.bunkasai
【公式website】
http://www.ppschool.jp/bunkasai/index.html
【ブログ】
http://pps-bunkasai.jugem.jp/
【Twitter】
https://twitter.com/PPSbunkasai2013

文化祭2013はここが凄い!第1回 副委員長・間々田さんのオススメ
こんにちは。実行委員広報です。

9/10からWS募集を開始しておりますが、みなさま申し込みありがとうございます!あっという間に満席となった講座もあり、みなさまの盛り上がりに広報からもお礼を申し上げたいと思います。当ブログも盛り上がりに貢献できていれば幸いです。

開催まで残り1ヵ月を切りましたので、文化祭の内容の紹介を、文化祭を取りまとめている方々にしていただこうと思います。

第1回は副委員長の副委員長の間々田裕二さんにイチオシ企画を紹介していただきました!



(インタビューは8月下旬に行いました)

--

間々田 :
間々田裕二です。(事務局)鈴木さんのご指名で副委員長をやっております。クラスは13I・まるやクラスで、今年4月にスタートしました。

――間々田さん、よろしくお願いします。副委員長は鈴木さんからのご指名だったのですね。それまでにどんなやりとりがあったのでしょうか。

間々田 : 実行委員キックオフの2週間前くらいでしょうか。立っていたところに、いきなり指名されたんですよ(笑)

――まさにいきなりですね(笑) 元々お二人は面識があったのですか?

間々田 : 半年くらい前に、代官山の蔦屋書店で開かれたWSに参加したときに知り合いました。まだPHaT PHOTO写真教室(以下、PPS)にも入る前のことです。

――そのときからすでに鈴木さんにチェックされていたのですね(笑) そのあとPPSにも入って…4か月くらい経ちますが、教室での生活はいかがでしょうか?

間々田 : 知り合いがもの凄く増えたっていうのがいいですよね。13Iクラスもだんだんと仲良くなってきていますけど、みんなで外に撮りに出かけるには暑いですから…それはもう少し涼しくなってからでしょうか(笑)



――もうしばらくは暑い時期が続きそうですしね…。(インタビューしたのは8月後半。この後も実際しばらく蒸し暑い日が続きました)
文化祭の話に戻りますが、今回もイベント・WS・展示と盛りだくさんのお祭りですが、間々田さんイチオシの企画を紹介していただけますか。


間々田 : イチオシは…やはりPHaTサルですかね。1つは、文化祭の実行委員以外の生徒からの持ち込み企画であることで、あとはいろんな人が一緒に楽しめる企画ということです。プレーを楽しみたい人はもちろん、運動苦手な人も写真を撮ることで参加できる、年齢性別関係なく楽しめるというのが魅力でしょうか。



ける!とる!みる!あそぶ!!
秋の文化祭初の文武両道イベント。
スポーツと写真のお祭り、それが「PHaT サル」です。

PHaT de フットサル "PHaT サル"の詳細はこちら


――スポーツイベントというのもPPSでは斬新な企画ですよね。

間々田 : 文化系の人たちが多いところですし、スポーツを撮るという行為自体もできそうでできないことですからね。それに参加型のWSはどこでもありますけど、運動も撮影も両方できるというのはなかなかないのではないでしょうか。子供の運動会とかで撮影はするでしょうが、自分が走ったりはしないでしょうし。

――人数をたくさん集められる文化祭だから実現できた企画ということですね。間々田さんはプレーヤーとして出場されますか?

間々田 : うーーーん…13Iクラスはまるや先生なので「みんなで一緒に出るぞ!」ということになりそうですが…それはそれで楽しそうですね。

――今からぜひ準備運動をしておいてください(笑)
それでは最後に、文化祭の参加者の方へメッセージをお願いします。


間々田 :
何しろ楽しんでほしいです。ここがいいとか悪いとかでなく、純粋に文化祭を楽しんでいただくのが一番いいと思います。



--

間々田さん、どうもありがとうございました!

間々田さんイチオシのPHaTサルは、これまでのPPSのWSでも前例のない大型スポーツイベントです。一体どんな盛り上がりを見せるのか?ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております!!

【Facebook】http://www.facebook.com/ppschool.bunkasai
【公式website】
http://www.ppschool.jp/bunkasai/index.html
【ブログ】
http://pps-bunkasai.jugem.jp/
【Twitter】
https://twitter.com/PPSbunkasai2013

【5日は終日お祭りDAY!!】
 こんばんは!
「PHaT PHOTO」写真教室事務局です。

さて文化祭も残すところあと2日となりました!
みなさま、TIPにはお越しいただけましたか?

さて!明日5日(土)の「PHaT PHOTO」写真教室・文化祭はお祭りDAYです!

卓球大会や射的など、、懐かしの遊びもご用意しています。
優勝者には豪華賞品も・・・?

そして、先日のフォトフリマで好評だった
写真家まるやゆういちによるポートレート撮影も開催!

撮影の様子はこんな感じ!


ポートレートをプロの写真家に撮ってもらう貴重なチャンス!
ぜひお祭り&ポートレート撮影にお越しくださいね!

お待ちしております!
【写真の読み方を学ぼう!神島先生&松本先生の出展者講評会】

こんにちは!
「PHaT PHOTO」写真教室事務局です。

追加のワークショップが決まりましたのでお知らせ致します!
今回、写真を出展されているかた必見ですよ!

写真の読み方を学ぼう!神島先生&松本先生の出展者講評会

日程:2011113日(木・祝)

場所:エクスアートビル2階 ラウンジ

参加者受付:18:30-19:00

   開催:19:00-20:30(フォトフリマ後に開催です!)

講師:神島美明先生

   松本友希先生

 (共に「PHaT PHOTO」写真教室講師)

定員:20名程度
参加料:1,500円(最新号1冊プレゼント!最新号お持ちの方は、
         バックナンバーから
1冊プレゼント)

持ち物:「PHaT PHOTO」最新号(池脇千鶴号/既にお持ちの方)


PHaT PHOTO」写真教室の生徒さん100名に出展頂いた

文化祭写真展示!なんとも力作ぞろい・・!ということで、

今回出展した作品を使って講評会を開催します!


写真教室の神島先生と松本先生に

自分が展示した作品をじっくりと見てもらえるので、

次の作品づくりにつなげる大きなチャンス。


ほかの参加者の写真も見ながら、

写真の“見方”や“読み方”について語り合いましょう!


ワークショップ内では、PHaT PHOTOの最新号を使い、

今回のPPC(ファットフォトコンテスト)の上位入選作品も見ながら、

写真の理解を深めていくPPC講座も予定しています!


さらに、現在PPCを担当している「PHaT PHOTO」編集部も参加するので、

PPCの裏話が聞けるかもしれません!


72ギャラリーでの展示の様子!


こちらはプレミアムクラス・プロ養成講座の方々の作品展示!

講評会の申込方法はこちら!

-------------------------------------
宛先:bunkasai@cmsinc.jp

メールタイトル:講評会 フルネーム

本文

1)フルネーム

2)ケータイ番号

3)メールアドレス(PC

4)クラス名/一般

-------------------------------------

写真の「読み方」を学びたいあなたにおすすめのワークショップ、

ぜひお誘い合わせのうえ、ご参加下さい!

文化祭ワークショップ【Rose Photo & Lunch】
 
追加ワークショップのお知らせです!

RosePhoto Lunch

日程:2011年10月29日(土)
場所:エクスアートビル2階 ラウンジ
参加者受付:9:30-10:00
   開催:10:00-12:00(終了後ランチへ)
講師:嵯峨まりさん(フラワーアーティスト)
   武藤裕也さん(プロ養成講座11期修了生)

      
嵯峨まりさん(フラワーアーティスト) 武藤裕也さん(プロ養成講座11期修了生)
 

参加費:12,000円(ランチ付)
定員:6名
持ち物:カメラ

自宅でも綺麗な花の写真が撮れる様になるテーブルフォトのテクニックをレクチャー。

薔薇を通して皆様に癒し・愛・感動を伝えてゆきたい・・・

薔薇を通して心をつなぐ、その撮影した写真を記憶にとどめる。

そんな生活を皆様にお届けいたします!

薔薇のアレンジをした後、写真のレクチャーを行います。
ランチを食べながら、お互いの写真を見せ合いましょう。

申込方法はこちら。

宛先:bunkasai@cmsinc.jp
メールタイトル:RosePhoto フルネーム
本文
1)フルネーム
2)ケータイ番号
3)メールアドレス(PC)
4)クラス名/一般

ご参加お待ち致しております!
【はじめての写真のプリント/展示 初級編開催決定!】
 

秋の文化祭2011 ワークショップイベント

【はじめての写真のプリント/展示 初級編開催決定!】

 

こんにちは!秋の文化祭2011

いよいよ本日1026日(水)スタートしました。


「PHaT PHOTO」写真教室生徒さんによる出展作品は圧巻!

ですが、同時に様々なワークショップも開催されます。

そんな中、新しいワークショップ開催のお知らせが届きましたのでご案内しますね!


【はじめての写真のプリント/展示 初級編】

撮影した写真をいざプリントしたらどうにもイメージと違う・・・

写真展を開催することになったけど、具体的にどう展示すれば良いの・・・?

といった悩みは誰にでもあるもの。

 

でも身近で詳しい人もいないし・・・というあなたにぜひ聞いて欲しいワークショップです。

 

開催概要

日程:2011113日(木/祝)

時間:14:30-16:0090分)

場所:TIP クラスルーム1

講師:溝渕由紀子さん(イマジン・アートプランニング)

ナビゲーター:武藤裕也さん

定員:先着12

参加費:¥2,000(税込/すべての方対象)

内容:写真用紙のサイズの違い光沢とマットの違い
   インクジェットプリントとラボプリントの違い
   写真展に出すにはどの位の大きさがベスト?
   額の種類を教えて!色が気に入らない、どうすればいいの?
   とことんプロに質問したい!
   などを予定しております。

  (都合により内容が一部変更になる場合もございます)

 

申込方法

メールアドレス:bunkasai@cmsinc.jp

メールタイトル:はじめてのプリント申込希望 フルネーム

メール本文:フルネーム

ケータイ番号

メールアドレス(PC

クラス名/or一般

 

講師の溝渕由紀子さんは今回の文化祭展示の

現場で実際に施工頂いた方。

プロによるプリント展示のお話しを聞けるチャンスです。

ばっちりプリント/展示に詳しくなっちゃいましょう!

 


20111026日(水)

PHaT PHOTO」写真教室

秋の文化祭2011

ディレクター 丸谷裕一

急遽決定!【自宅でできるライティング!スイーツ&アクセサリー編】
2011年10月25日付け 参加費・持ち物を変更しております。

急遽ワークショップが決定しましたのでお知らせ致します!

photo:Yuya Muto

小物撮影に興味のある方、
自宅で撮ってみてもイメージ通りできない方必見のワークショップ!

スタジオ経験がない方、ビギナーからハイアマチュアの方までご参加ください!

名称:自宅でできるライティング!スイーツ&アクセサリー編
日程:2011年10月28日(金)
時間:19:00-19:30 受付
   19:30-20:30 講義
講師:武藤裕也さん(プロ養成講座11期修了生)
場所:TIP クラスルーム2
参加費:1,500円




photo:Yuya Muto

内容 

1.スイーツでライティングについて実際に試してみよう!

 環境光や内蔵ストロボで撮ったり、スタンドライト

 トレーシングペーパーで段階的に工夫して撮っていきます!

 

2.アクセサリー撮影

 1.の内容を踏まえたライティングで撮ってみます。

 その他、アクセサリー撮影でアクセントをつける小技のご紹介!

 

3.持ち寄ったものを撮ってみよう。

<持ち物>

・デジタルカメラ(できるだけ一眼レフ)

・持っていればマクロレンズ(複数所有の場合は60mmが使いやすい)
・撮りたいものと演出用の小物(あれば)

 撮影商品の下に敷く布など(キッチンマットや籐製などでもOK


申込方法はこちらから。

宛先:bunkasai@cmsinc.jp
メールタイトル:アクセサリー撮影申込 フルネーム
本文
1)フルネーム
2)ケータイ番号
3)メールアドレス(PC)
4)クラス名/一般

自宅でも自分の思った通りに撮れるようになる!
この機会にテーブルフォトを身につけちゃいましょう!

みなさまふるってご参加下さいね!
 

秋の文化祭2011 テラウチマサト特別授業10月29日(土)開催決定!
こんにちは、
秋の文化祭2011ワークショップ、
テラウチマサト特別講義開催決定です!


名称:わからない写真がわかるようになる講座
日程:2011年10月29日(土)
時間:準備/受付 15:00-15:30
   開催 15:30-17:00(15:30-16:30講義 16:30-17:00質疑応答)
場所:TIPクラスルーム2
講師:テラウチマサト
定員:20名
参加費:¥5,000(税込/写真教室生徒)(当日券¥6,000)
    ¥6,000(税込/一般)(当日券¥7,000)

内容:
ボストンのMIT(マサチューセッツ工科大学)で、
ファインアートの講義を行っていたテラウチマサトが贈る
特別講座開催決定!

様々な写真が世にある中、「わからない写真」に悩む人も多い。
この特別講座ではそんな写真のわからなさを解消していく。

例えば・・・
あなたたの撮っている写真がティルマンスにならない理由
例えば・・・梅佳代さんと同じような写真を撮っているのにそうはならない理由
例えば・・・佐内正史さんの写真の意味が全くわからないと思ってしまう理由
など。


「パリフォト、北京フォトフェスティバル、
NYフォトフェスティバル、東京フォトと自らも出展し、
レビューアーとなり、悩み学んだ経験を講義、レッスンします。
いま最も知りたい内容で、この授業ができる人を他に知りません。
秋の文化祭2011特別企画、御聞き逃しませんよう。

どんな写真を撮れば世界が振り向いてくれるのかがわかると思います」

とは、テラウチマサトよりのあなたへ向けたメッセージ。

お申込方法は以下の要項にて。

申込方法
宛先 bunkasai@cmsinc.jp
メールタイトル 【わかるようになる講座申込希望 フルネーム】
本文
1)フルネーム
2)クラス名/一般
3)ケータイ番号 
4)メールアドレス(PC)

 

写真の本質に迫る90分。
お待ちしています。

2011年10月17日(月)
秋の文化祭2011
運営事務局